サルでもわかる愉快な日記

ブログ初めてやる大学生の日記。

ここ一週間であなたは何回「ヌ」を使ったか。。。

f:id:kooee:20180317164331p:plain

ヌ!!!

 

 

…というわけで。みなさんこんにちは!こーえーです!

 

今回は最初に「ヌ」と叫んでみましたが、みなさんの中にこんな人はいませんか?

 

 

「え……。ヌって改めて見ると変な感じ。又みたいだし、スの出来損ないみたいだし、、、」

 

 

そんなあなたは・・・

ヌ」不足なんです!!!(ド真面目)

 

確かに「又」は他のカタカナの中でも使われる頻度が少なく、日常生活の中でも忘れてしまいがちなカタカナです。

しかし、このまま「ヌ」に触れない生活を送っていると、いざ「ヌ」が必要になった時に生活に支障をきたす可能性があります。

 

今回の記事ではそんな「ヌ」をもう一度十分に補給していただけると思います!!!

それではいこう

 

ーもくじー

 

 

step1/ヌを思い出そう

え?「ヌ」が入っている単語があまり思いつかない?…………フッ

ダメヌーマン!

・・・

というわけでここでは一度「ヌ」が入った単語を洗いざらい思い出してみましょう

では開始!

 

 

 

 

 

 

 

結果発表ーー!!   バサバサッバサ、、、

みなさんどれくらい思い出せましたか?意外と出てこないですよね

では次のステップで身近な「又」を見てみましょう!

 

step2/みじかな「ヌ」図鑑

ぼくたちのまわりには、いろいろな「又」が生息しているよ

ここではそんな「ヌ」たちを見てみよう

 

No.1 カヌー  出現頻度:★★★  生息場所:渓流および海辺

日本で最もポピュラーな「ヌ」のひとつ。ひらがな練習帳の「ヌ」の例文にも多く採用されている。

 

No.2スヌーピー 出現頻度:★★★ 生息場所:中高生向けのお店

米国から海を越え日本に生息するようになった。現在ではものすごいスピードでその分布を広げる。

 

No.3カップヌードル 出現頻度:★★★ 生息場所:一人暮らしの部屋

インスタント食品業界を牽引する「ヌ」。中毒性があり大量に摂取すると生活習慣病を引き起こすため問題視する声もあがる。

 

No.4ヌンチャク 出現頻度:☆★★ 生息場所:香港映画

武闘派の「又」。日本では宴会の場でも確認されるようだが、現在はその個体数は減少しつつある。

 

No.5スザンヌ 出現頻度:☆☆★ 生息場所:バラエティー番組

芸能活動する「ヌ」。かつてはヘキサゴンに生息しその勢力を拡大させていたが、生息地の破壊に伴い現在では減少の一途をたどっている。

 

 

step3/最終テスト

どうですか、日常の中にもたくさんの「ヌ」がいましたね

ここまででおよそ半年分ほどの「ヌ」を補給することができたはずです

 

ではそんなみなさんに最終テストです

 

 

実は今回の記事の中で4つの「ヌ」が「又」になってなっていました!!!

 

 

みなさん気づけていたでしょうか?気づけなかった人もここまでで「ヌ」に対してそうとう敏感になれているはずです!もう一度探してみましょう!(笑)

 

おわりに・・・

 

日本語を学ぶ外国人の方の中には一か月かけても「あいうえお」の5文字しか書けない人もいるようで、それほど日本の言語は複雑化されています。

 

僕たちは幼いころに五十音のひらがなとカタカナを覚えてしまいました。

 

しかし、そんな面白さを秘めた日本語を僕たちは味わい尽くせているでしょうか?

 

今回の記事で「ヌ」をはじめとする多くの日本語に親近感を覚えて、みなさんの日常生活がほんの少し面白くなればいいなぁと思います!

 

いっじょう!!!