サルでもわかる愉快な日記

ブログ初めてやる大学生の日記。

進路決定について

僕、こーえーの大学での学部は農学部

特に林学に興味を持っています!

林学(りんがく、英語:silviculture)は、森林、林業に関する学問分野で、造林学、砂防・治山学、林政学、森林計画学などに細分され、森林利用学(林業工学)・森林土木学のほか、森林経営学、森林計測学、林産科学などの分野がある。   *1

 なぜ農学部なのか?なぜ林学なのか?

今回は大学に行くにあたって自分の進路をどうやって決めたか書いてみたいと思います!!

{ もくじ }

 

もとは理科が好きな少年

もともと何の教科が好きかといわれると理科が好きでした!

 

小学校、中学校の夏休みは学校の課題である研究に明け暮れていました…

理科室で実験。データをとって。家でパソコンにまとめる。先生からダメ出し。

非常に有意義な夏休み!(泣)

 

高校に入ると理科の物理と生物は選択科目になりました

そこで植物が好きだった僕は生物を選択!

このころは昔から憧れてた理学部に行って研究ができたらいいなと思ってました

で……なんの仕事がしたいんだろ?

 高校3年生の夏ふと自分の将来の仕事について考えました

「研究っていうけどそれは仕事になるのか?」

「理学部をでた後はどんな仕事をするのだろう?」

「植物と関わりある仕事がしたいけど、思い通りできるのか?」

 

そうだしっかりとここで調べてみよう!

 

いざ調べてみるといろいろなことがわかりました

  • 理学部は学んだことが直接、仕事に生きるとは限らない
  • 特に生物科の就職は厳しい
  • 主な就職先は食品会社など
  • 研究職としての受け皿は小さい

 調べてみると意外と理学部の就職はシビアなようす…

 これは進路を真剣に考え直したほうがいいかもな

林業に出会う

「まずどんな仕事をしたいか考えよう」

とりあえず植物と関われそうな仕事を探してみると、その中の一つに林業がありました

第一印象は……「えーーりんぎょうーー?なんか古臭くねww」

だいたい林業と聞いてイメージするものは、ヘイヘイホー?斧?…湖から女神様?

 

しかし、くわしく調べてみると実は林業はそんなイメージとは違うものでした

  • 今は斧じゃなくてチェンソーや大型機械で伐採
  • 現在若者の林業従事者が増加傾向にある
  • 最近では林業の成長産業化が進められている
  • 戦後植えた木が伐採期を迎えている

どうやら今は林業がホットらしい!うーむ森の中で働くというのもまた一興ではないか

 さらにこの分野に精通しているのは林学という学問で、これは高校の生物の延長で勉強していけるなと思いどんどん林業に魅力を感じるようになりました!

 

 

そんなこんなで理学部の道から一転!農学部の道を選んだというわけです!

行きたい大学の学部や学びたい分野が明確になり、より受験勉強も頑張れるようになりました。やっぱり動機づけって大切だなとおもいますね。

 

現在は林業について学べるような本を読んでいます!

 

日本林業を立て直す―速水林業の挑戦

日本林業を立て直す―速水林業の挑戦

 

 

日本林業はよみがえる―森林再生のビジネスモデルを描く

日本林業はよみがえる―森林再生のビジネスモデルを描く

 

 

大学に入学したらどんどん能動的に勉強していきたいと思います!

では今回はここまでです!